小西由希子のブログ

救援物資と水の確保
 千葉市では25日まで5品目に限った救援物資を市が集め、習志野駐屯地に届けたようです。

私もわずかですが救援物資を区役所の収集所に持っていきました。

ボランティアさんが7,8人早くから準備して待っていてくださっているのですが、このことがあまり知られていないことや収集場所まで持っていくのが大変どの理由から届ける人が少ないと聞きました。
 
しかし、自治会によっては、急遽回覧を回し、それぞれの集会所に持ち寄っていただくよう呼びかけているところもあります。

集会所ならばご近所ですし、一つでも気軽に持っていけるのでいいですね。
金曜日、あちこちの住宅地で、たくさんの方がおむつなどを持ちよっていらっしゃる様子をあちこちで見かけました。
住民の皆さんの発想の柔軟さと動きの軽やかさ、機動力の大きさに改めて感心させられました。

さて、被災者の受け入れですが、千葉市では、特に広報していないそうで、希望があったら受け入れるという状況だそうです。
公共施設だけでなく、個人のお宅で2世帯住宅などで空いているところを無償で提供してくださる方の申し出でを受け付け、希望する被災者の方々とマッチングしているそうです。
家も提供していいよという方がありましたらお知らせください。

また、飲み水が心配されていますが、千葉市では中学校区に一つずつ(57カ所)の防災井戸(設置は小学校校庭に56カ所、中学校校庭に1箇所)があります。
担当課に確認しましたところ、取水口の水深が100mくらいあるので放射線の心配がないと思われる。
飲み水が危険になったら防災井戸の水(毎年水質検査をしている)の供給も考えているということでした。
09:29 - comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://konishiyukiko.chibanet.jp/trackback/112
<< NEW | TOP | OLD>>